このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

FISM2015 現地レポート4

おはようございます。滝沢です。

さすがFISM、他の場所にはないものがあります。こういうの普段は絶対やらない私ですが、フーディーニがあるとなればついついやってしまうってものです。…我ながら疲れていますね。まあ1日15時間近くマジック漬けの日が4日目ともあれば、無理もないでしょう。

さて本日は、次回のFISMについて。
「次のFISMがどこでやるか」は、今回のFISMの最終日に発表されます。ただそれまでに候補地は発表されており、今回は韓国とフィンランドの2カ国が名乗りをあげています。

開催地は、FISMの期間中にFISMの認可を受けた団体(各コンテスタントを送り出している団体)のプレジデントたちによる投票で決まりますが、会場には候補国によるアピールが行われています。

こちらはフィンランドのブース。「最新のコンベンション会場」「都心からのアクセスも便利」「観光プログラムも充実」など様々な利点をアピールしています。
 

一方の韓国のブース。美人さんが琴を弾いています。そういえば前回のFISMではイタリア側の女性が、ボクシングのラウンドガールのような格好でプラカードを持って会場を練り歩いていました。開催地が決定したらこちらでもお知らせいたします。

さて、会場の天井を見上げると、昨日まではたぶん無かった垂れ幕が。

何かと思って見ると、下にはカードが散らばっています。
 

答えは…

「リッキー・ジェイに挑戦!」カードを投げて入れろ、という遊びでした。

続いて会場の様子を。
以前のレポートでブースの話をしましたが、中にはこんなものもあります。

宣材写真(宣伝用の写真)を合成で格好良く撮影してくれるというブースです。

次の写真は、観客の引いたカードや名前がメダルやプレートに刻印されて予言されている、というマジック道具。

とても不思議な道具なのですが、面白いのは、売り場のスタッフがお客さんたちにタネはもちろん道具の扱いやコツまでをすべて購入前に(通りすがりのただ見ているだけの人にも)説明していることです。マジック・コンベンションならではの販売方法ですが、相手がマジシャンであれば、高額商品を買ってもらうにはすべての秘密を公表した方が効率が良い、という考え方です。

さて、24時をまわってから行われる本日最後のイベントは、「ギネスに挑戦!」。FISM参加者の中から出演希望者をつのり、「最も大人数のマジシャンが出演するショー」の記録を作ろう、というお祭りイベントです。

お祭りイベントにFISMグランプリ・ウィナーのソーマも参戦する中、結果は、…すみません、また明日のレポートで!あまりに長くて挫折しました…。

この時点で午前3時前。しかし会場外はまだこんな感じです。見るとゲストや歴代グランプリらも混じっています。

本日はメインイベントのコンテストが超激戦の展開になったり波乱もあったのですが、そちらもまた後ほど…。

レポート:FISM1日目
レポート:FISM2日目
レポート:FISM3日目
レポート:FISM5日目
レポート:FISM6日目(最終回)