このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

こんにちは、マジックには結構引っかかりやすい滝沢です。

みなさんも経験がおありかと思いますが、自分が完全に引っかかったマジックというものは思い入れが強いですよね。
私にとってのそんなマジックの一つに、クリスチャン・イングブルムが見せてくれたトライアンフがあり、その話題はこのコラムでも何度か取り上げました。

それが今回ついに発表されることになりました。嬉しいやら寂しいやら色んな気持ちがありますが、それをここでご紹介して、このトピックの最終回にしたいと思います。

まずは順を追って。
クリスチャンには長い間秘密にしていたトライアンフがありました。それがこちらです。

映像からでは少し分かりにくいのですが、この手順には以下のような条件が付けられています。

・借りたデックで
・公明正大にまぜた状態をスプレッドして示し
・そのまま公明正大にゆっくり閉じて
・公明正大に広げると現象が起こっている
・そして手渡してあらため可能

この条件でトライアンフを行うという制限は、タマリッツから彼に出された宿題でした。そのあたりは以下の動画で詳しく話しています。

この、ある意味夢のトライアンフを今回クリスチャンがついに発表したのです。
その動画がこちら。

作品名は「PIECES」。数週間前まではクリスチャン本人からしか購入できませんでしたが、現在は世界販売が開始されており、国内ではストリート・マジシャンさんなどがいち早く販売を始めておられます。商品へのリンクはこちらから。

また世界の秘密がひとつ、明らかになってしまいました。
興味のある方はぜひ入手してみてください。そして、僕が味わったような興奮を味わってもらえればと思います。

 

参考記事
「これで現象が起こっていたら、死んでもいい!」(2014年9月22日)
「例のトライアンフ」続報(2015年7月29日)