このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

新しい世界が、まだある

12月頭の話ですが、名古屋にあるラ・カンパネラさん主催のレクチャーに参加してきました。マジシャンはスペインから来日したシュリオ・メリノとビクター・ノワールで、レクチャーのテーマはスポンジボール。
ス、スポンジボールですか…今更…と一瞬思ったものの、彼らがクロースアップ大国スペインから来ていたということと、ラ・カンパネラ代表の桂川新平さんが選んだのだから普通のマジシャンではないはずと重い、参加。すると…。

す、すごかった。です。
正直ここまで新しい世界が開けるとは思ってもみませんでした。
久々に「ありきたりな道具の進化した使い方」を見ることができたのです。

彼らは基本的な技法を根本から見直して、レギュラーにも関わらず新鮮で何よりも不思議な見せ方をたくさん行っていました。従来のスポンジボールの常識で「今あそこに二個あるはずだから…」とか「左手にはいま無いはずだから…」と思って見ていても引っかかる。当人たちがテクニック的に上手なのはもちろんですが、完全にこちらの知らない使い方をどんどん入れてくるので、だからあらために引っかかる。だからミスディレクションに引っかかる。とにかく賢く、新鮮で、不思議で、面白いレクチャーでした。

話を聞くと彼らは、特にビクターの方は20年近くスポンジボールを研究しているとのこと。シュリオもまだ若いですが、現在スポンジボールの本を執筆中とのこと。「使い方が決まってきた道具も、深く考えていけば思っても見なかった発展ができる」ということは知ってはいましたが、久々にその姿をはっきりと見ることができました。今回の彼らのショーやレクチャーは名古屋だけでしたが、より多くの人に見てもらいたかった内容でした。いつか、彼らのマジックをうちでも紹介できればいいなと思います。

 

ラ・カンパネラさん外観。上品なサロンのたたずまいです。このページトップのバナーも、こちらのエントランスの写真です。
 

  

シュリオ・メリノ(左)とビクター・ノワール(右)。二人とも、桂川新平さんが通訳をされていました。