このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

さて滝沢は現在、お仕事でラスベガスへと来ております。ラスベガスと言えば、ギャンブルの街。と言うわけで、本日のコラムは景気の良い話題をお届けします。毎年春に発表される世界の長者番付などで有名な経済誌フォーブスがありますが、ここが先日2016年の「世界で最も稼いだマジシャンランキング」を発表したのです。以下に、そのトップ7を紹介します。
 



7位 マイケル・カルボナーラ 6.2億円
TruTVのコーナー「カルボナーラ・エフェクト」で人気に火がついたマジシャン。これはマイケルが例えば飲食店の店員になってレジに来たお客さんに不思議な現象を見せるというものですが、これが毎回毎回短いながら面白いのです。この他にもコーポレートショーや全米ツアーなどを行っているようです。


6位 ダレン・ブラウン 8.3億円
イギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンが6位。彼は2002年ごろからテレビのスペシャルを作り始め、それ以来毎年コンスタントにレギュラー番組を製作しています。ライブショーも年に一本ずつ発表しており、今年もライブでは「ミラクル」ショー、TV番組では「プッシュ・トゥ・エッジ」を制作しました。なおプッシュ・トゥ・エッジは「状況を整えたら、善良な一市民が見知らぬ人を屋上から突き落とせるか」という心理実験をしたもの。彼のTVスペシャルは、メンタリズムショーというよりもこのような系統のものも多いです。


5位 イリュージョニスト 11.4億円
ウエストエンドとブロードウェイではチケット販売の記録を打ち立てたらしいイリュージョニスト。「1」「2」「1903」などのバージョンがあり、キャストも入れ替えながら世界中を回っています。ユ・ホジンが努めていたマニピュレーターの役に、日本人マジシャン伝々氏がキャスティングされたのも記憶に新しいところです。


4位 ダイナモ 18.7億円
以前イギリス人のマジシャンにイギリスで一番有名なマジシャンは誰かと尋ねたことがありますが、答えは「ダントツでダイナモだ」でした。彼はTV番組の他にサムソンのCMや全英ツアーなどを行っています。


3位 クリス・エンジェル 19.7億円
ラスベガスで「ビリーブ」と「スーパーナチュラリスト」の2つのショーをプロデュースする彼は、年間で400以上の公演を行っています。


2位 ペン&テラー 32.7億円
ここで来ました、ペン&テラー。彼らは20年以上に渡りラスベガスでショーを行っている他、以前のコラムでも触れた「フール・アス」などを含む多くのテレビ番組を製作、出演しています。ちなみに彼らがチームを組んだのは1970年代。ペンはリングリング・サーカスの学校出身の前身はジャグラーで、テラーは世界でも数人しかいない「パスポートに記載する名前が名字だけでいい」権利を持っているとのこと。


1位 デビッド・カッパーフィールド 66.5億円
トップはやはりこの人です。
今年だけでも638公演を行っており、30年以上におよぶ経歴の中で、販売したチケットの数は4000万枚、総売上は4800億円以上と試算されています。この数字はソロパフォーマーとしては史上最多のものであり、つまりマジシャンである彼の記録がマドンナよりもジャスティン・ビーバーよりもエルビス・プレスリー、そしてあのマイケル・ジャクソンよりも多いそう。2013年のフォーブスによると、推定総資産は960億円。ただしこの金額には、ショー以外からのものも入っています。彼は高級プライベート・ビーチであるカッパーフィールド・ベイを初め、不動産、レストラン、博物館などにも投資しており、それによって一大帝国を築き上げました。

 

ちなみにこの種のランキングの常連だったデビッド・ブレインが、今回は選外となっています。それは彼が今年は露出を抑え、代わりに次回のTVスペシャルや来年に予定されているワールド・ツアーへの準備をしていたから。そちらも今後楽しみですね。
 



いかがでしたでしょうか?今まで成功したマジシャンの話はたくさんあっても、金額的に具体的にどれだけ成功したかはあまり語られてこなかったと思います。どの分野もそうなのでしょうが、やはりトップは凄いですね。

参考:Forbes
参考:Celebrity Networth
写真:HOMER LIWAG