このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

みなさんバイシクルは好きですかー?僕はソコソコです・・・。

記事を書く上でいろいろと調べていたのですが、バイシクル(とその製造元のUSPC社)について面白いことがわかりました。

きっとみなさん知らないハズです!きっと!

 

秘密その1. バイシクルの「808」はブランドの番号

USPC社の前身であるRussel, Morgan and Co.が使っていたブランドの番号が元になっています。

簡単にまとめてみました。こう見ると色々あるんですねぇ・・・。ほかにもまだまだあるそうです。

ちなみに、探せばオークションで手に入ります。1個だいたい2万~3万円ぐらい。ひょえー。

1898 Secret Society 52 Joker Antique Incredibly RARE Historic Playing Cards | eBay

 

秘密その2. USPC社は第2次世界大戦中、アメリカ政府と結託していた

少し前に、地図が描かれた「Escape Deck」というのが発売されましたが、元々はUSPC社が政府から依頼されて作ったデック。水に濡らしてカードを割くと、脱出ルートが描かれた地図が見られるという代物でした。

Map Deckと呼ばれる当時のデックは2つしか現存しておらず、ひとつはワシントンの国際スパイ博物館が、もうひとつは個人が所有しているそうです。混沌とした時代でしたから、何個作ったかの記録も残っていないそうで・・・。

また同じ頃、戦艦や戦闘機のシルエットがデザインの「Spotter Card」というのも作られていました。これは市民に、遊びながら味方軍と敵軍の機体を覚えさせるために作られたもの。日本の戦闘機も載っています。

 

秘密その3. スペードのAを見れば何年製のデックかがわかる

スペードのAの下に謎の数字とアルファベットがありますよね?

実はこれ、そのデックが何年に作られたのかを示す記号なのです。

し、知らなかった・・・!

例えば「L1653H」だとすると、頭のLを見ればいいわけです。上の表を見ると1908年、1929年、1949年、1969年、1989年、2009年のいずれかに生産されたデックだということがわかります。スゲー!

ちなむと、近年のオリジナルデックは適応されていないどころか、このマークもありません。IとOとVは見間違いを避けるため使われていませんが、1991~1992年の間だけたまたま「Q」のマークで生産されています。また今後USPCがどうこのマークを使っていくかは不明です。

/////

いかがだったでしょうか?

たいした秘密じゃないかもしれませんが、ちょっとしたトリビアとして使えるのではないでしょうか。

808へぇありがとうございます。

参考:
http://www.leeasher.com/playground/articles/how_to_date_a_deck_of_cards.html
http://www.wopc.co.uk/usa/uspcc/
http://www.bicyclecards.com/about/bicycle-cards