このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

 

今回は知っているようで知らないディーラーブースを皆さんにご紹介します。

ディーラーブースと言えば、コンベンションで皆さんを色々なマジックグッズでお迎えするあのお店ですね。ここではコンベンションでのスクリプト・マヌーヴァの様子を、若干話を盛りつつ皆さんにお伝えします。


出店にあたって最初にするのは商品の準備です。お客様に手にとってもらいやすい商品を用意するのですが、コンベンションごとにイベントの性格もお客様の層も違います。そこで毎回社内で「何を持っていこうかな」会議が開かれるのです。

この会議はワールドカップなみに白熱します。スタッフごとに売れる商品の予想が違うので、お互いに相手を説得しようとヒートするのです。「過去のデータからコレの方が固いと予想されます!」「オレの直感では今回はアレが来ると見た!」そういった議論が延々と続きます。

 

……

………

お互いに納得して持っていく商品が決まったら、車に荷物を押し込んで会場に向けて出発です。

ここだけの話ですが、ウチの社長はスピード狂です。彼は同乗者の命をあまり尊重していない気がします。前を走る車を抜いて抜いて抜きまくるので、同乗者はひたすら恐ろしい思いをします。そんなわけで無事会場に着くと、全員(一名を除く)まずは生ある喜びをかみしめるのです。


「どうか生きてたどりつけますように」(切なる願い)

※写真はイメージです

 

会場入りして一通り挨拶回りが終わる頃、各ショップの場所を決めるクジ引きの時間になります。場所は売上に多いに影響するので、クジの結果は超絶に大事です。受付や入り口に近い人通りの多い場所ならアタリ、奥にひっこんだ寂しい場所はハズレです。

ウチは社長がクジを引きます。この時は良い場所を願って、スタッフ全員の心がひとつになります。社長がアタリを引いたら割れんばかりの拍手で迎え、大いに盛り上がります。

 

場所が決まったらショップの設営ですが、たま~に商品が足りないことがあります。会議での打ち合わせ不足が原因なのですが、こういったことは今後の反省点として後日議題にあがります。お客様に愛されるより良いブースを目指して、細かいことを改善し続けるわけなのです。

 

商品を並べて備品をセットすると準備完了。いよいよコンベンションがスタートします。

この続きは次回にご紹介します。お楽しみに。