このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

ここ数日で一気に有名になった「アイスバケツチャレンジ」。ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病があり、そのチャリティーで行われているキャンペーンです。

ルールは簡単。「指名されたら24時間以内に氷水をかぶる」のが条件で、「被らない場合は100ドルをアメリカのALS協会へ寄付する」「3人の友人を指名する」というもの。

僕はFacebookで友人がやったのを見て、あまりの迫力におなかがよじれるほど笑ったのですが、元々はALSを患うアメリカの野球選手が始めたことだったのですね。賛否両論ある取り組みではありますが、知ってる人が増えるだけでも意味のある取り組みだと個人的には考えています。

このキャンペーン、「氷水を被る」迫力がすごくて面白い要素だったりするのですが、そういえば氷を使うマジックってあるのでしょうか?なんたって、氷ですよ、氷。保存や取り扱いの使い方がケネディ・ハーフとは比べ物になりません。

ということで、さっそく調べてみました!

/////

Frozen by Adam Grace : Ellusionist

1枚コインを取り出し、息をふきかけると・・・コインがみるみる凍っていく、というもの。

数年前に友人に見せてもらいました。本当にコインが凍っていく様はめちゃくちゃビジュアル。もちろん触るとかなり冷たいです。もう6年も前(2008年)の商品なのですね。知りませんでした。

実は商品として売っているのですが、日本ではellusionistの正規代理店であるストリートマジック様のみで販売されています(こちら)。スクリプト・マヌーヴァの商品も使っていただいているのでチェックチェック!

 

Iceman Cometh: Michael Ammar

選んだカードが消えて、箱の中から氷詰めになって出てくる、というもの。

マイケル・アマー氏といえば、クラシックを忠実に演じ、無理のない技法で不思議を演出するイメージが強いですが、まだ若い頃、誰も考え付かないような現象や超難しい技法を好んだ今とは180度違うスタイルのマジシャンでした。「The Magic of Michael Ammar」はマジックだけでなくエッセイも読み応えがある名著でオススメです!

ちなみに、このマジックの名前はThe Iceman Comethというミュージカルが由来の模様です。

 

Fish Magic: Penn and Teller

観客から借りたものが、氷詰めになった魚の中から出てくる、というもの。

僕が見たのはFool Usだったと思うのですが、結構前から演じられていたのですね、知りませんでした(そして相手はスティーブン・フライ!)Fool Usの中では、借りたiPhoneを「録画開始」し、客席にある氷詰めの魚の中から出すというもの。その録画映像見てみたい!!

ところで、このマジックの名前はなんと言うのでしょうか?Google先生も知らないことってあるのですね。

/////

いやぁ、氷を使ったマジックを探すのはなかなか大変でした・・・。

もし他にもご存知でしたらツイッター(@scriptmaneuver)で教えてください!お待ちしております!

 

最後に。ALSは日本でも難病指定されている治療が難しい病気です。こちらの特設サイトからは500円から寄付できます。

少しでも多くの認知と、早期の治療法発見ができますように。

日本ALS協会|HOME

Homepage - ALS Association

筋萎縮性側索硬化症 - Wikipedia