このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

パスト・ミッドナイト 第2巻:ギャンブリング&カード・マジック

強烈な錯覚にこだわり磨き抜かれた、カード・テクニック集

  • 演者:ベンジャミン・アール
  • レビュー: 4.4点(8件)
  • 言語:英語(日本語字幕付き)
  • EAN:4560334611427
  • 発売日:2013年12月28日
¥4,320 税込み カートに入れる
¥11,000 3巻セット カートに入れる

全カーディシャンに見てもらいたい、この凄さ

まず最初にPVをご覧下さい。


このなめらかさ、このやわらかさ、この自然さ。衝撃的ではないでしょうか。

PVで使われているフォールス・シャッフルやフォールス・カット、パームやフォールス・ディールなど、数多くの手順と技法が解説されています。本作のテーマは「ギャンブリング&カード・マジック」ではありますが、どれも実際の演技で使える技法ばかりですので、ギャンブリングに興味が無くてもカード好きであれば誰でも楽しめる内容になっております。

マジシャンでも引っかかる!キーワードは「錯覚」

訳している時にひとつ気づいたことがありました。それは、ベンジャミン・アールが何度も「deceptive(錯覚)」という単語を繰り返し使っていること。

多くのカード・マジックは、手順を上手く構成することで強い錯覚を生んでいました。ゆうきとも氏の作品をイメージしていただけるとわかりやすいでしょう。ヘルダー・ギマレス氏も、手順を上手く構成することで特上の不思議さを実現させました。

ところが、第2巻で繰り返し強調している「錯覚」はこれとは違います。手順の構成を工夫して錯覚を生むのではなく、技法そのものを工夫して錯覚を強めるのです。

例えば音。カットする時に反対側の手で軽く音を立てるだけで本当にカットしたように錯覚します。また示し方。あえて観客に示さないことで、よりカットをリアルなものに仕上げています。こういった細かいサトルティの積み重ねが、従来の技法とはまた違った強い錯覚を生むようになりました。マニアの方でも心がくすぐられることでしょう。

知っておいてほしい、この高み

ベンジャミン・アールの突き抜けたテクニックを覚えるのもこのDVDの楽しみのひとつですが、日本マジック界の底上げを目指すスクリプト・マヌーヴァとしては、是非とも「ここまですごいクロースアップ・マジシャンがいるんだ」ということを知っていただき、皆様のモチベーションにしていただきたいと考えています。

だから決して、解説されていることを覚えるだけで満足しないでいただきたいのです。限界まで技法を磨きぬいて、錯覚にこだわりつくすプロのカードに込めている魂を感じ取っていただきたいのです。

マニアックであれ、と言っているのではありません。テクニシャンであれ、とも言っているのではありません。ベンジャミン・アールに触れて高みを知っていただき、プロの凄さに触れていただき、さらなる高みを目指していただきたいのです。このDVDが皆様のモチベーションになることをお約束します。(和泉圭佑)

※英語版のパスト・ミッドナイトはDVD3本がセットになったものですが、こちらのタイトルはその中のDVD2となります。

  • サイコロジカル・テーブル・シャッフル

    非常に巧妙でシンプルなフォールスのリフル・シャッフル。

  • ブロークン・トンプソン・カット

    サトルティの効いたフォールス・カット。

  • ミドル・スピン・カット

    デックの中央から任意のカードを打ち出すカード・ショット。

  • ブラインドカット

    アードネス・カットを元にした巧妙なフォールス・カット。

  • 4Dディスカバリー

    カード・プロダクションとフォールス・カットの組み合わせ。

  • プラックリー

    メンタルの要素が入っているポーカー・デモンストレーション。

  • ソウ・バイ・ザ・ラグ

    チャド・ロングの「シャッフリング・レッスン」を、より一般の観客向けにアレンジ。

  • リバーボート・ハーモニー

    サイ・ステビンスを応用したギャンブリング・デモンストレーション。

  • ハウス・ルール

    ヒント無しで行う複数枚のカード当て。手順で使われているサトルティと、複数のパケットに分けて行うフォールス・シャッフルを解説。

  • ボトム・ディール

    アードネス・ディールを元にした、自然なボトム・ディール。

  • グレー・シャッフル

    非常に角度に強く自然なフォールスのリフル・シャッフル。

  • アードネス・プロダクションズ

    アードネス・カットを使ったプロダクション3種類。

  • ワンハンド・シフト

    汎用性の広い片手で行うシフト。

  • ディスクレパンシー・スイッチ

    さりげない動作の中で行うパケットのスイッチ。

  • パーム

    片手で行う複数枚のボトム・パームや、片手で行うセンター・スチールなど、非常に便利なパームのテクニックを解説。


レビュー :8件(平均4.4点)

4/5点 おったまげたー

テクニックの難しさがやばいです(笑) ただ、解説が丁寧にされており、しっかりと見ながらコツコツ練習をしていれば確実にマスターできるでしょう。 自分としては、ギャンブリングはセットしたりもめんどくさいのでレパートリーに入れないのですがレパートリーに入れないかたでも、テクニックを学べますし買って損はないと思います。

4/5点 抱富満

テクニックを全面に出した感じの映像から始まる一本です。すごいテクニックです。もちろんマスターするには相当な努力が必要ですが、個人的には、努力の割にはびっくり箱的な驚きしか起こせないのが残念な印象を受けました。ただ、技法の1つ1つはとても興味深く、応用の効くものが多いと思います。メンタルの要素を含んだ技法も多く、存在を感じさせない使い方ができそうです。

4/5点 always暇人

フォールスカットなどが多く収録されていて、今までに見たことないカットもありました。ある程度マジックをやられている方や、マニアに対しても使えるフォールスカットも載っていたりして、オススメです!ただDVD通りのスムーズな動きが出来るようになるまである程度練習が必要です。

4/5点 cheatmagic

この他にいいギャンブリングのDVDを持っていないためあんまり比較はできないんですが、これはわかっていても引っかかります。頭でわかっていても気持ち的には混ざっているようにしか思えないでしょう。方法はわかってもこんなにスムーズにできるようになるにはどのくらいかかるのかと少し途方に暮れたので4にしました。

5/5点 緑茶

技法が多くてギャンブリングというとテクニカルな印象が強そうですが、ギャンブリングルーティンにもマジックの要素があるのでちゃんと不思議を楽しめます。
ベン氏の手は大きいですが、それにしてもパームがとても自然でした。
僅かですが全3巻を通して何点かアイデアが解説されています。
一般的な気配を消そうとする考え方とは違って動きがあるので、バランスよく取り入れてサトルティに使えれば静動どちらの状況にも対応出来るようになれそうです。

5/5点 マトリックス

2巻はギャンブルテクニックが多いですが相変わらず技法1個1個がとても繊細できれいです。フォールスシャッフルも錯覚が強いです。

4/5点 US

とても難しかったですσ(^_^;)
1巻よりもよりハードなテクニックを要求してると私は思いました。この中のフォールスカットはとても優秀なものが多くて、マジシャンがびっくりする様なものが多いのでマニア相手が多い人には勧められると思います。

5/5点 din

どれも非常に難しいですが、カーディシャンやフォールス系をマスターするならマストハブだと思います。説明が簡易ですが、彼の技術が見れるのは最高です。

お名前

メールアドレス
評価
一言 255

レビューを送信する

※お名前と一言は必須事項となっております。

レビューのご協力ありがとうございました
送信が完了しました。確認後の反映となりますので、気長にお待ちください。