このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

ロードランナー・カル 第1・2巻

従来のカルを、より多く、より高速に、より自然に

  • 演者:コスチャ・キムラット
  • レビュー: 5点(4件)
  • 言語:英語(日本語字幕付き)
  • EAN:4560334611373
  • 発売日:2013年05月18日
¥6,990 税込み カートに入れる

カルは、デックを両手で表向きに広げて見ていく作業の中で、任意のカードを特定の場所にコントロールする技法です。この技法の利点は、なんと言っても観客の目の前で堂々と、しかも気付かれずに行えること。

マジックをやり始めて2年目くらいのとき、カルはあこがれの技法でした。そのときの私はこれが必要な手順を何か知っていたわけではありません。しかし柔軟な演技が求められるマジック・バーに出演していた当時の私にとって「窮地に立たされた時に状況を打開してくれる技法」は光明そのものでした。何かアクシデントがあって、カードを見失ってしまったとき。急に思い立った手順をやりたいが、特定のセットが必要なとき。そんなときに観客の目の前で堂々と、しかし気付かれずに特定のカードをコントロールできるカルは、必ずマスターしなければ、と強く思ったのを覚えています。

それから数年が経ち、オリジナル版のロードランナー・カルが発表されたときに、初見での感想は「?…普通のカルと何が違うの?」でした。しかしこのDVDでは、複数枚のカードを一点の曇りもないスムーズさで、素早くコントロールしていたのです。ポイントは3つ。

・複数枚をコントロールできる。
・手を止めず、スムーズにできる。
・速い。とにかく速い。

ぜひ動画を見てみてください。知っている人でも「これでコントロールしてるの?」と思うと思います。

このDVDには他にカルを使った手順や、カルを応用したコンビンシング・コントロールやフォースも解説。どんなマジックにも組み込める応用範囲の広さを持つカルの面目躍如です。

応用が利き、実用的な基礎技法、カル。オリジナル版では別々に発売された1巻と2巻を1枚にまとめて発売します。「1巻」のセクションではカルを、マジックの手順や周辺技法とともに段階的に細かく分かりやすく説明。「2巻」のセクションでは、1巻発売後に寄せられた多くの質問に対する答えや、新たな発見をシェア。さらにマジックの手順も追加され、マイケル・アマーやビト・ルポらとの対談・インタビューも収録しています(オリジナル版ではwmvファイルとして同梱されていましたが、日本語版では通常のDVDメニューからご覧頂けます)。

どんな状況にも対応できる力と自由を与えてくれる技法、カル。ついに日本語版で登場です。(滝沢)

1巻:The Roadrunner Cull

  • まだまだおぼつかない:
    基礎

    基礎
    リズム・スピード・タイミング
    1枚のカル
    もう1つのハンドリング
    リズム・スピード・タイミング2
    4枚のカル

  • カルに少し慣れてきた:応用

    カード・コントロール
    キーカード・プレイスメント
    ボトム・フォース
    コンビンシング・コントロール
    リバース・スプレッド・カル
    マークド・デックを使う
    アウトに使う

  • 完全に自分のものにしたい:
    上級ハンドリング

    複数枚のカル
    フルデック・セパレーション
    見え方
    手首のコツ
    アングル・カル・セパレーション
    カードがバラバラになった場合
    リズムが崩れた場合
    スプレッドが崩れた場合

  • 実演に使う準備はできている:
    パフォーマンス

    カリギュラ・トライアンフ
    シャッフル・ファースト・アスク・クエスチョン・レイター
    フォー・4・フォローイング
    アンド・イフ・オール・ゴーズ・ロング
    アンシャッフル・カラー

  • エキストラ

    クレジット及び出典
    マルチ・アングル
    トレーラー

2巻:The Cull Continues

  • 基本をやりなおしたい

    1枚のカードへのアプローチ
    ありがちな間違いを避ける
    カードの位置
    スプレッドの幅
    複数枚をカルするコツ:リズムと流れ
    練習のコツ
    ありがちな間違い:カードを見失う
    指と手の位置
    練習のコツと、コツをつかむ瞬間

  • より上級の方法を学びたい

    スプレッドとリズムのコツ
    カルによるカードのスタック
    「カード消失」の回避
    手を止めないコツ
    カルの始め方と代替ハンドリオング
    よくある間違い:ギャップを作らない
    演技の角度
    ワン・カード・リバース・カル
    コンビンシング・コントロールのためのXカードのカル
    スプレッドが崩れた場合のリバース・スプレッド
    カラー・セパレーションの別法
    自信と観客マネジメント

  • マジック

    フォー・ザ・イージー・ウェイ
    サーチャー・サンドイッチ
    ストレート・エッジ・カレクター
    テン・タイムス・トライアンフ
    パーシャル・カル・トライアンフ
    ストリームライン・スイッチ
    アンダーカバー・フォーサム
    クイック「ギャンブラーvsマジシャン」
    イット・テイクス・4・トゥ・ファインド・4

  • エキストラ

    インタビュー:アダム・ルービン
    セッション:マイケル・アマー
    対談:ビト・ルポ
    ライブ・パフォーマンス
    トレーラー

  • クレジット


レビュー :4件(平均5点)

5/5点 Tsugumi

今まで見た中で習得しておくと一番便利なのではないかと思った技法です。 解説も詳しくなされており、残るは手に馴染ませるだけという具合ですが、かなり難しい技法になるためかなりの練習期間を考えておいた方がいいと思います。 しかし、非常にオススメなDVDであることに間違いはありません。

5/5点 MAGICAL

今までどれだけ、カルに苦労してきた事か。他にも色々と見たのですが、このDVDの最初15分をビッシリと忠実にゆっくり鏡の前で行えば、それなりのレベルまで行きつかと思います。今までなかなか上手くいかなかった重要な事がサラリ、サラリとその間に通り過ぎますので、気を付けて観察してみてください。あとはドップリと応用編です。スルメのようなDVDでした。

5/5点 TOKU

カルを習得したくてこのDVDを購入したが、大正解でした。 確かにカルでトライアンフなどをするのは難しいですが、通常のカルや4エースをトップに集めることは比較的楽にできました。 とくに、一枚関係のないカードで準備してからのカルは、目からウロコでした。

5/5点 太郎

このDVDはカーディシャンを目指す方には必見です。 複数枚のカードを自然にカルする方法がレクチャーされています。 コスチャ・キムラットの解説は細かいところまで丁寧に行き届いているので必ず習得できます。 DVDを見た結果、手首の使い方と複数枚カルのレベルの向上を体感しました。 カルを中心とした面白いマジックもいくつか掲載されているのでレパートリーを増やしたい方も満足できると思います。

お名前

メールアドレス
評価
一言 255

レビューを送信する

※お名前と一言は必須事項となっております。

レビューのご協力ありがとうございました
送信が完了しました。確認後の反映となりますので、気長にお待ちください。