このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

インターセクション

世界観のあるマジックアクトの作り方

¥2,160 税込み カートに入れる

マジック・キャッスルで2011年、2012年とステージマジシャン・オブ・ザ・イヤー、さらに2014年2015年にはパーラーマジシャン・オブ・ザ・イヤーを受賞したロブ・ザブレッキー。私は初めて彼の演技を見てからその魅力に取り憑かれ、どうにかして紹介してきたいと思っていました。下の映像で、彼のショーを全編お楽しみ頂けます(日本語版です)。23分ほどありますが、これを見れば彼の面白さがどういうものなのか分かってもらえると思います。

彼のマジックショーは“アクト”というよりも、よく作られた演劇パフォーマンスのよう。キャラクターと台本に彼だけの世界観が現れており、そこにマジックの現象が違和感なく溶け込んでいます。

今回ご紹介する冊子は、彼のクリエイティブプロセスを言語化したものです。
どういった視点と感覚を大事にして、どういうものからインスピレーションを得て、どのように実際のアクトに落とし込みむのか。一度できた台本をどのように磨き、練り上げ、発展させていくのか。どうやって自分だけの世界観を練り上げ、マジックの現象と融合させるのか。

しかしここで注意!

この冊子は決してロブ・ザブレッキーのようなパフォーマンスができるようになるためのものではありません。本書で彼自身が書いているとおり(そして様々なところで言われているとおり)、マジシャン本人を一番輝かせるのは、その本人に合わせて調整されたアクトだけだからです。自分に合うアクトを作る考え方や方法を解説した書籍は「マキシマム・エンターテインメント」や「ビヨンド・デセプション」など弊社からもいくつか刊行してきましたが、この冊子にはロブ・ザブレッキー本人が重視してきた内容と彼が練り上げてきた個人的な経緯が書かれています。その部分に説得力を持たせるため、パフォーマンス動画の全編翻訳も行いました。演技を見、この本を読むことで彼がたどってきた思考と試行錯誤の過程が明らかになり、それを通して読者のみなさんが自分にだけ合うアクトを作る手がかりが見つかればと願っています。

彼のような演技ではなく、彼のように自分色の世界観を作りアクトを練り上げていくための助けとしてください。

 

本書では、ユージン・バーガー氏が2000年にGenii誌に寄稿した「台本の磨き方」という記事に言及している箇所があります。本文内では概要の紹介に留めているのですが、スクリプト・マヌーヴァでは今回ユージン・バーガー氏に許可をいただき、この記事の全文を翻訳しました。スクリプト・マヌーヴァのサイトから本書をご注文頂いた方全員に、このPDFファイルをプレゼントいたします。ファイルのダウンロード方法は、商品に同梱いたします。

目次

第1部(理論)
 プロローグ
 台本、制作、監督、そして演技
 アクトの枠組み 心を開く
 インスピレーションの源
 準備
 コラボレーション
 アートの涙
 リスク
 エピローグ

第2部(実践手順)
 スケプティカル・プレディクション
 アナザー・ワールド

※発送について
こちらの商品は単品でのご注文の場合、送料無料を実現するため「クロネコDM便」でお送りいたします。従いまして、時間指定および代金引換はお選び頂けませんのでご注意ください。また発送のお知らせメールもございません。ご了承のほどお願いいたします。

レビュー :なし

お名前

メールアドレス
評価
一言 255

レビューを送信する

※お名前と一言は必須事項となっております。

レビューのご協力ありがとうございました
送信が完了しました。確認後の反映となりますので、気長にお待ちください。