このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

ショー・ドクター

誰も教えてくれなかったマジシャンとしての疑問への答えがここに!

「何人かのマジシャンから、『マキシマム・エンターテインメント』の続編は書かないのかと聞かれたことがある。いまあなたが手にしているこの本こそが、まさに続編と呼べるものだ。この本に出会えたことは、あなたにとって非常に幸運な出来事である」
-ケン・ウェバー

¥3,888 税込み カートに入れる
無料サンプルを今から読む(PDF)

誰も答えてくれなかった問い

マジックを趣味として続けるとき、またマジックを仕事として真剣に考えたとき、誰もが必ずぶつかる問題や疑問があります。
例えば…

・本番中に言葉がつまってしまう
・冷やかしへはどう対処すべきか
・笑わせたいが、笑わせられない
・どうすればもっと拍手もらえるか
・緊張や汗をどう抑えるか
という演技上の問題はもちろん、

・広告に引っかかりやすく、ついつい道具を買いすぎてしまう
・DVDや映像を見て満足してしまう
・道具をたくさん持っていて、どれを演じれば良いか分からない
・「なにかやってよ」と不意に言われたときの対処
と言ったマジシャンあるあるもあれば、

・観客をいじって笑いを取ることの功罪
・マジックをやりすぎてしまう
・他人と同じマジックしかできない
・他人の演出を真似てしまう
などのパフォーマンスについての悩みもあり、さらには

・ハト出しをレパートリーに加える際の注意点
・イリュージョンをしたいが、どんな道具がいいか?
・どうアクトを繋げてフルイブニングショーを作るのか?
・たくさんあるアドバイスの、どれを聞き入れるべきか
・自分の個性はどう探せばいいか
といったプロを目指す人ならではの問題まで、千差万別です。

手順に関しての情報は多いなか、こういった疑問にしっかり答えてくれる資料は今まであまりありませんでした。

「ショー・ドクター」はもともとマジック・マガジン誌で4年間にわたり毎月連載していた人気コラムをまとめ、それに大幅な加筆修正を加えたものです。上にリストアップしたテーマは、コラムで扱われたテーマの一部。世界中の読者から寄せられた上記のような疑問や問題について、世界中の現場を知り尽くしたプロ中のプロであるジェフ・マクブライドが対策をアドバイスしてくれます。

指導者としてのジェフ・マクブライド

しかし内容は面白そうだけど、それを書いているのがジェフ・マクブライド?といぶかしむ方もおられるかも知れません。
ジェフ・マクブライドと言えばマスクとカード・マニピュレーションのアクトが有名で、ステージ・マニピュレーションが得意な人だ、というイメージをお持ちの方が多いと思います。

しかしそれは彼の一面にしか過ぎません。
ジェフ・マクブライドはプロマジシャンとしての活動の傍ら、1993年よりラスベガスでマジック&ミステリー・スクールという学校を開催。主要な講師にはユージン・バーガーを始め、『ビヨンド・デセプション』を書いたトビアス・ベックウィズらがいます。そこではマジックを教えるだけではなく、仕事として成立すると同時にアートとしても自己表現としても成り立つように、演じるアクトに意味を持たせ、パフォーマー本人の個性を引き出すことに重点をおかれた指導がなされています。

そう思って、例えば彼のマイザーズ・ドリームウォーター・ボウルの手順を見てみてください。
マジック自体は、昔から多くの人が演じているもの。しかしそこには確かにジェフ・マクブライドの詩的でユーモア溢れる個性が反映されています。彼には、多くのマジシャンに対してそういったアクトを作る手助けを長年行ってきた、一流の指導者としての側面もあるのです。

世界中でプロとして演技をしてきた経験と、指導者としての経験。
一読すれば、まさにジェフ・マクブライドにしか書けなかった一冊であることがわかるでしょう。

収録内容

・マジック・マガジン誌に掲載されたコラム全47編に加え、未収録のコラムやインタビュー、コメントを大幅に加筆。
・コラムの内容を体現するマジック11編も収録。カードやコインはもちろん、メンタルやイリュージョンまでをカバー!

無料サンプルを今から読む(PDF)

本書では、ユージン・バーガー氏が2000年にGenii誌に寄稿した「台本の磨き方」という記事に言及している箇所があります。スクリプト・マヌーヴァでは許可を得て、この記事の全文を翻訳しました。当サイトから本書をご注文頂いた方全員に、このPDFファイルをプレゼントいたします。ファイルのダウンロード方法は、商品に同梱いたします。

お詫び:本書に以下の印刷ミスがあることが判明いたしました。

●印刷ミスの内容
・82ページにおいて、一部の文章が図に隠れて読めなくなっている。

以下、その正しい内容をここに記載いたします。

「道具の説明をまずしておこう。中国の健身球は健体球などとも呼ばれる。ウィキペディアによると原産は中国の保定市で、明朝のころ誕生したらしい。手先の器用さと強さを鍛えるために使われてきた歴史は長い。もともとは鉄のかたまりだったが、現代では中空のボールの中にチャイムともう一つボールが入っているようになっており、振ったり動かしたりすると独特な音が響く。大体が2個セットで、きれいな箱に入って販売されている(図9)。

オンラインや中国の土産屋ですぐに見つけることができ、値段も安い。だからプレゼントによく使われるのだ。サイズもいくつか種類があるので、ロールアウト・ボールに適したサイズのものを入手する必要がある。」

お客様には、ご不便ご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございません。

レビュー :なし

お名前

メールアドレス
評価
一言 255

レビューを送信する

※お名前と一言は必須事項となっております。

レビューのご協力ありがとうございました
送信が完了しました。確認後の反映となりますので、気長にお待ちください。