このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

日本マジック界の底上げと、マジックの文化土壌の実現を。

Email: info@script-m.jp Tel/Fax: 0725-90-7660 9:00~18:00(土日祝日は休み)

トゥ・ユア・クレジット

作品発表時に行うクレジット。その必要性やノウハウを無料公開!

  • 著者:ハラパン・オング
  • 翻訳:星野 泰佑
  • 言語:日本語
  • PDF:84ページ
  • 発表日:2020年10月8日

マジックを発表する際について回るクレジットの問題。
クレジットはなぜ必要なのか?具体的には何をどう記載すれば良いのか?その調べ方は?これらのノウハウを無料公開します。

原本は、ハラパン・オング氏がVanishing Incで無料公開したPDF。これを許可を得て、完全翻訳しました。

クレジットは先達者に敬意を表するためだけでなく、マジックを深く学んでいく際にも重要な情報となります。この冊子は、マジック界の発展を促すために倫理と実利双方の意味で重要となるクレジットのあり方の指針となるものです。

発表する方はもちろん、マジックの世界にいる方には目を通しておいていただきたい一冊です。

  • 収録内容(抜粋)


  • なぜクレジットが大切なのか
    理由その1:行うべき誠実な行為であるから
    理由その2:アイデアの発展した軌跡を残しておくため
    理由その3:才能を評価することによって創造性を振興するため
    つまり、適切なクレジットが無ければそれは盗作である
    クレジット作業はそれほど重要であるのに、実行が難しいのはなぜなのか
    理由その1:劣悪な道徳意識
    理由その2:悪質な習慣
    理由その3:粗悪なシステム

    何をクレジットするべきか
    マジックのクレジットにおける黄金律
    手法のクレジット
    現象のクレジット
    演出・文脈のクレジット
    普及に関するクレジット
    パブリックドメイン

    クレジットのための情報はどこで見つかるか
    あなた独自の調査を行う
    手助けを求める
    良い習慣を育む

    クレジットの要点
    クレジット応用編
    体裁を整える
    許可を得る
    なぜ発表するのか

    では、実際に許可が要るのはどんなときか
    酷似しているとはどの程度までを指すのか
    許可を取るのは礼儀のため
    ダメと言われてしまったら

    独自の発明
    『愚かさによって十分に説明されるものを悪意のせいにしてはならない』
    独自の発明への対処
    誰かが自分のアイデアを盗んでいるのを見つけたら
    その他のクレジットミスへの対処

レビュー :なし

お名前

メールアドレス
評価
一言 255

レビューを送信する

※お名前と一言は必須事項となっております。

レビューのご協力ありがとうございました
送信が完了しました。確認後の反映となりますので、気長にお待ちください。